MENU

ひと塗りでナチュラルすっぴん風メイクが完成♪

雪肌精CCクリームと米肌CCクリームのパッケージデザインと内容量

肌に優しく働きかける和漢植物エキスが豊富で、20代を中心とした美白ケアブランドとして大人気の雪肌精♪その雪肌精からもCCクリームが提供されたと聞いて、ずっと気になっていたんです。

米肌と同じコーセーさんということで、どっちが良いのかな?と思って実際に使い比べてみたんですね☆使用感や色味・仕上がりなど、実体験の感想をレポートします〜。

 

 

澄肌CCクリーム

澄肌の成分

 

雪肌精CCクリーム

雪肌精CCクリームのチューブボトル全景

単品価格(税抜)

3500円(30ml)

オープン価格(30ml)

2色(普通,やや明るい)

2色(普通,やや明るい)

特徴

無香料,弱酸性,鉱物油フリー

タール色素フリー

パラペンフリー

鉱物油フリー

機能

日焼け止め,クリーム

化粧下地,ファンデーション

フェイスパウダー

日焼け止め,クリーム

化粧下地,ファンデーション

乳液,美容液

紫外線防止

SPF 50+(最高値)

PA++++(最高値)

SPF 50+(最高値)

PA ++++(最高値)


和漢植物エキスの優しい香りが漂います〜♪

雪肌精CCクリームのキャップを空けてワンプッシュしている様子

キャップを空けると、フワ〜ッと良い香りが漂いますね☆私は、2色展開のうちの「普通の明るさの肌色」をチョイスしました。

色味としては、米肌の「普通の明るさ」とほぼ変わらない感じですが、米肌の方がちょっと明るいかな?という感じでしょうか。

雪肌精CCクリームの色味と肌との相性を確認

伸びはすごく良くて、半プッシュで十分顔全体に使えてしまいますね☆肌に乗せても、日焼け止めにありがちなキシキシ感もなくて、サラッとした肌触りです。

過敏性の肌の私でも負担を感じることもなく、厚塗り感のない自然な透明感が出せるのが良いですね。

サッとひと塗りで、自然なすっぴん風メイクが完成します〜♪

雪肌精CCクリームの使用前後の肌色の変化の比較

カバー力はそれほどでもありませんが、すごくナチュラルに仕上がります。パッとワントーン明るくなって、キレイなすっぴん風メイクに☆表面はサラッとしているのに、内側はしっとり保湿されている感覚がありますね。

ただ、肌質にもよると思いますが、少し汗をかくと落ちやすく、時間が経ってからのTゾーンの崩れが個人的には気になりました。雪肌精が若い世代を意識したブランドなので、私の肌には馴染み切れなかったのかも。。

ナチュラルで明るい素肌をサッとつくりたい方に〜♪

雪肌精と米肌のCCクリームの使用感を手の甲で確認

雪肌精も米肌も、ホント薄く伸ばすだけで自然な透明感を引き出せます☆ただ、私のようにちょっと過敏な年齢肌の方は、米肌の方がより軽い仕上がりで、白浮きや毛穴落ちを気にしなくてすむのかな?と感じました。

肌質によって、仕上がりや感じ方には個人差があると思うので、実際にサンプルなどで一度試されてみるのが一番だと思います♪

私の米肌CCレポートはこちら

このページの先頭へ