MENU

米肌のBB・CCクリームを体験してみました♪

お米のもつ優しい保湿効果で、今では大人気ブランドとなったコーセーさんの米肌。シリーズにはスキンケア以外にも、肌潤BBクリームと澄肌CCクリームという、2つのベースメイクアイテムが展開されているんですね〜。

どちらもベースメイクなのに、ひと塗りでふっくらとしたハリまで生まれるんです♪

そもそも、BBクリームとCCクリームって何が違うの?

米肌のベースメイクアイテム

BBクリームは、簡潔にひと言で言うと気になる部分をカバーして隠すもの。それに対してCCクリームは、色調の補正効果で欠点をカモフラージュするイメージ☆

商品やブランドなどによって、コンセプトに多少の違いはあるんですが、2つの元々の意味合いは上記のような感じなんですね。



サッとひと塗りで、気になる部分が消えて美白肌に♪

BB・CCクリームのテクスチャーの違い

私は以前から乾燥敏感肌で、日々のスキンケアには米肌を愛用するようになりました。ベースメイクシリーズもすごく気になっていて、思い切って試してみたんです。

実際に使用してみた感想をレポートします☆試してみようかな?と、迷われている方の参考になれば嬉しいですね。

BBクリームレポートはこちら

CCクリームレポートはこちら


米肌の14日間トライアルセットもレポートします♪

米肌のトライアルセット全景

お米から抽出したライスパワーエキスが、肌の内側からぷるぷるのハリと弾力を引き出してくれるコーセーさんの米肌。今お得なトライアルセットが提供されていて、気軽にこのハリ感を体験できるんですね♪

実際の使用感や肌質の変化などをレポートします☆

米肌体験レポートはこちら


新登場の澄肌美白シリーズも体験してみました〜♪

米肌澄肌美白シリーズの14日間トライアルセットの内容

CCクリームと同じ美白ケアラインとして新登場した、澄肌美白シリーズも体験してみました☆化粧水と美容液の2アイテムからなるスキンケアラインですが、CCクリームのサンプルも付いたお試しセットが提供されています。

ベーシックラインとの違いや、実際の使用感・美白効果などをレポートします〜。

澄肌美白シリーズ体験レポートはこちら




それぞれの成分や特徴を一覧でまとめてみました♪

米肌CCクリームとBBクリーム全景

どちらも似たようなアイテムなので、違いってすごく分かりにくいんですよね。私もいざ試してみようと思ったときに、どちらにしようかすごく迷ったんですね。結局、どちらも試したんですけど♪

求める肌の仕上がりや季節などによって、使い分けるのも良いと思います。

 

 

澄肌CCクリーム

澄肌の成分

 

肌潤BBクリーム

肌潤の成分

単品価格(税抜)

3500円(30ml)

3500円(30ml)

特徴

無香料,弱酸性,鉱物油フリー

タール色素フリー

パラペンフリー

無香料,弱酸性,鉱物油フリー

タール色素フリー

機能

日焼け止め,クリーム

化粧下地,ファンデーション

フェイスパウダー

日焼け止め,クリーム

化粧下地,ファンデーション

美容液

紫外線防止

SPF 50+(最高値)

PA++++(最高値)

SPF 30

PA +++

保湿成分

米胚芽油

大豆エキス 他

ライスパワーNO.11

大豆発酵エキス 他

主な効果・使用感

サラサラな仕上がり

紫外線徹底ブロック

透き通るような透明感

ツヤのある仕上がり

潤い感をしっかりキープ

ナチュラルメイク風

当サイトレポート

レポートはこちら

レポートはこちら


米肌CCクリームのカバー力

肌潤BBクリームには、美容液機能・保湿成分が豊富で、カバー力にプラスして潤い効果を求めるより乾燥肌の方にお勧めだと思います。

それに対して澄肌CCクリームは、紫外線カット・フェイスパウダー効果が非常に高く、シミや毛穴を驚くほどしっかりカバーしてくれます。よりナチュラルに気になる部分を消しながら、透き通るような透明肌に仕上げたい方にお勧めです☆

私は結局、今ではCCクリームを愛用しています♪

澄肌CCクリームの使用感

どちらも米肌シリーズだけあって、肌にすごく優しく馴染んでくれますね♪過敏な乾燥しやすい私の肌でも、ストレスを感じることなく使えます。

澄肌CCクリームは自然な仕上がりで、ひと塗りで透き通るような透明感が生まれるのですごく助かっていますね。今では、もう手放せないアイテムになりました☆

気になるシミやくすみをしっかりカバーして、ワントーン明るい透明肌・美白肌を保ちたい方にはぴったりだと思います〜♪

コーセーのベースメイクコーセーのメイククリームはこちら

このページの先頭へ